Filmonly

あなたにとっておきの映画情報を!

『メッセージ』レビュー

-----これはわたしの物語。

そして、これからはあなたの物語。

 

f:id:filmonlyblog:20170521033910p:image

 

最近映画館で観る映画がどれも素晴らしすぎて、本当に生きててよかったなと思うのですが…

昨日観た「メッセージ」は生きててよかったどころではないほど、素晴らしい作品でした。

 

予告やポスターから想像する物語とはまるで違う体験が出来ることはあまりないので

自分の中で、こんな感じの映画かな?と想像しながら劇場に行って欲しいですね。

 

そして、驚きと感動の体験をして欲しいです。

 

f:id:filmonlyblog:20170521034202j:image

 

様々な方が考察されているので、書くほどではないですが

わたしが個人的にこのメッセージから感じたことを書きますね。

 

ネタバレも含みます。

---------------------

 

この作品は話す言語によって、世界観や思考が変わるのではないかという「サピア=ウォーフの仮説」がテーマになっているけれど

私が感動したのはもう一つの大きなテーマの方です。

 

観た後、これまでにない穏やかな気持ちに包まれました。

 

様々な地球の国の言語と

未知なる宇宙人たちの言語が一つになる時…

 

気づくと私の目から涙が流れていました。

本当にびっくりするほど、自然に涙が溢れてきたのです。

 

f:id:filmonlyblog:20170521041745j:image

 

もし、あの時こうしていたら?

あんなことするんじゃなかった…

あの時の選択は間違いだったな…

などと私たちは過去に縛られて生きています。

 

そして、未来への心配もあります。

明日はいい日になるかな?

明日仕事行きたくないな…

10年後何してるんだろうな?

 

そんなことを常日頃思っているものです。

 

でも『メッセージ』を観た後はあることに気づきます。

 

気づいた後は、自分の全てを肯定的に思えるようになりました。
自分を否定することはもうしない。
全ての選択、全ての起こること、全ての過去、全部正しかったし、これからも全部正しい。


後悔することなんて何一つないって思えるようになったのです。


この感覚はミスターノーバディを観た時以来の衝撃。

 

自分の人生観をも変えた気づきとは…

 

それは 心 は時間を超える、ということです。

私たちが過去を悔やんだり、未来の心配する時、心は時間を超えていますよね?

 

時間に縛られて生きているはずなのに

時間を自由に行き来しているということに気づいたのです。

 

ルイーズが悩まされる幻覚は時系列がめちゃくちゃ。

その理由は心が時間を超越しているからなのでした。

 

きっと、その気づきが

宇宙人たちが私に与えた「武器」なのだと思います。

 

主人公のルイーズは

宇宙人の言語を学ぶうちに彼らの3次元では到底想像もつかない考え方に影響を受け、未来も過去も行き来できるようになるのです。

 

心は時間を超越して、未来を知ることができると宇宙人たちに教えてもらった彼女は自分の未来に起こる全てのことを知ります。

 

彼女は未来にどんなに悲しいことが起ころうとも、とてつもない苦しみが待っていることを知ったあとでも、選択を変えませんでした。

 

このまま、私の物語を受け入れよう…

 

どんなに悲しいことが起ころうとも、始まらなければすべての体験が出来なくなる。

美しくてかけがえのない時間も消えてしまう。

とてつもない悲しみや苦しみよりも、かけがえのない時間を選択する人生を歩むことに決めたルイーズの穏やかな表情に涙せずには入られませんでした。

 

f:id:filmonlyblog:20170521041824p:image

 

ルイーズという主人公を通して、観客は宇宙人から武器を与えてもらう。

彼女が架け橋となり、私たちはその武器を使って明日から生きるのです。

 

どんな選択をしても、間違いはない。

どんな選択をしても、後悔はしない。

 

すべてはかけがえのない瞬間。

代わりもないし、今を大切に生きなければ。

 

f:id:filmonlyblog:20170521041531j:image

 

すべてはこの未知なる言語のように

始まりと終わりはなく、ずっと繰り返すのです。

失ったと思われる事柄もずっと在り続けます。

 

 わたしはこの映画をSF映画とは思いませんでした。

とても哲学的で愛を感じたからです。

 

SF的な要素は単なるスパイスのように感じました。

宇宙戦争が起こるわけでもなく、ただ淡々とルイーズという女性の中に起こる変化を描いています。

とても、ドラマチックでエモーショナルな作品だと感じました。

 

f:id:filmonlyblog:20170521042456j:image

 

ヴィルヌーヴ監督の作品は

・複製された男

プリズナーズ

を観ました。

 

どちらもとても記憶に残る作品です。

特に複製された男はとても好きな作品です。

 

メッセージは複製された男、プリズナーズで描かれたテーマよりも壮大で、なおかつすべての人々が共感できる作品になっていると思いました。

 

f:id:filmonlyblog:20170521042604p:image

(このシーンとセリフがとても好きです。)

 

2回目は全く違う感想になるかもしれないという可能性を秘めた作品です。

そして3回目、4回目と観ても毎回違う武器を与えてくれる作品なのかもしれません。

2回目は必ず行きたいですね。

 

 しばらくは「メッセージ」に囚われてしまうかもしれないほど、素晴らしい作品でした。

 

余談ですが最近私はニューアースという本を読んでいます。

 その本はとてもスピリチュアルな内容ですが

時間についても書かれていました。

 

本来、時間というものは存在しない。

自分の記憶が作り上げてるだけだ。

すべては「今」この瞬間だけが存在している。

 

こんな風なことが書かれていた気がします。

メッセージを観てる時、この本を思い出しました。

 

より多くの人が気付き始めているのかもしれません。

この世界の真実に。

 

メッセージを観た人はその真実に気づいてしまうのかもしれません。

そして多くの人が人生をより豊かにし、美しくかけがえのない瞬間を愛することができるようになれば

本当の平和が訪れるのかもしれませんね。

 

まずは自分の人生を受け入れ、愛することからはじめましょう。

かけがえのない毎日を積み重ねた先には人生の答えがあるはずです。